仕入れのポイント

Posted by admin on 8月 5th, 2014 — Posted in

これまでの仕入れの変遷としては、リストせどりに始まり、ビームせどりに流れて・・・・

という感じです。


いったい今は何せどりが流行っているのか・・・


それを解説する前にビームせどりについて解説しておきます。



ビームせどりとは、バーコードリーダーをつかって、実店舗にて商品のバーコードを読み取って、
情報を取得し、売れるかどうかを判断して仕入れをする手法のことです。


バーコードリーダーはレジにあるようなものよりもはるかに小型化されていて、
手のひらサイズです。

握りこぶしで包むようにすると、完全に姿が隠れてしまいます。


正直なところ、違反行為ではないのですが、バーコードを読み取ることはよくは思われていなかったので、
バーコードリーダーの小型化はビームせどらーには大変好ましいことでした。


しかし、最近になって、ブックオフなどでビームが禁止になってしまいました。

これを受けて、実は少し衰退の様相を呈していたビームせどりが一気に不人気になってしまいました。


そして、代わりに台頭したのが、電脳せどりです。

これはネットをつかって仕入れをする・調査をする手法です。


これを利用することでせどりのリサーチや業務一般はぐっと効率化を進めました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。